The Melancholy of Haruhi Suzumiya 涼宮ハルヒの憂鬱

3ヶ月もあれば
映画を見ながら自力で書き起こしできます。
シナリオを
呵名コンバーターで変換してください。
英語の得意な人は全員つくっているという
映画の自作語学教材のできあがりです。

例を挙げます。

以下は
『The Melancholy of Haruhi Suzumiya 涼宮ハルヒの憂鬱』
吹き替えバージョン
冒頭部分です。
続きは自力で。

著作権は
谷川流/SOS団/京都アニメーション/角川映画/Funimation
に帰属します。
HARUHI

いや、本当は気付いていたのだろう。
Okay. I guess I always knew those things were bogus.
オウケイ アイ  アイ オーエイ ユー オウ ンぐ ウワ~ア ボウ
[ keɪ  ges  ɔːlweɪz njuː ðoʊz θɪŋz wəɚ boʊs ]

ただ気付きたくなかっただけなのだ。
I just didn’t wanna admit it.
アイ ヂア ント ウオ  
[  dʒʌst dnt  ədt ɪt ]

俺は心の底から宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力者や、悪の組織が目の前にふらりと出て来てくれることを望んでいたのだ。
All I ever wanted was for an alien, time-traveler,
オー アイ ヴア~ア ウオンテ ウワ ふオ~ア ンヌ エインヌ タイウレア~ア
[ ɔːl  evəɚ ntɪd z fəɚ ən ən taɪm tləɚ ]
ghost, monster, esper, evil syndicate or the hero
ゴウ ンスタ~ア パ~ア イー ンデ オ~ア ずア ヒーロウ
[ goʊst nstəɚ espəɚ l ndɪt əɚ ðə hiːroʊ ]
that fought ‘em to just appear and say, "Hey!"
ずエ オー  トウ ヂア ~ア ンド セイ ヘイ
[ ðæt fɔːt em  dʒʌst əpɪɚ ənd seɪ heɪ ]

しかし!現実ってのは意外と厳しい!
Unfortunately, reality is a hard road, indeed.
ンヌ~アチウイー リーイー   ~ア ロウ イー
[ ənfɔɚtʃətliː riːætiː ɪz ə hɑɚd roʊd ɪndiːd ]

世界の物理法則が良く出来ている事に感心しつつ、
Yep, you gotta admit.
 ユー  
[ jep juː  ədt ]
The laws of physics definitely puts a damper on things.
ずア オー   ふイイー   ンパ~ア ンヌ ンぐ
[ ðə lɔːz əv ks detliː ts ə mpəɚ ɑn θɪŋz ]

いつしか俺は、テレビのUFO特番や心霊特集をそう熱心に観なくなっていた。
I even stopped watching those TV shows
アイ イーンヌ  ウオンぐ オウ イーイー オウ
[  vn spt tʃɪŋ ðoʊz tiːviː ʃoʊz ]
about aliens and ghosts and stuff.
バウ エインズ ンド ゴウ ンド 
[ əbaʊt ənz ənd goʊsts ənd sf ]

宇宙人?未来人?超能力者?そんなの居るワケねえ、
Aliens, time-travelers, espers, ‘course they don’t exist.
エインズ タイウレア~ア パ~ア ~ア エイ ドウント 
[ ənz taɪm tləɚz espəɚz kɔɚs ðeɪ doʊnt ɪgst ]

でもちょっといて欲しい、
But a little part of me wishes that they did.
   ~ア  ミー  ずエ エイ 
[ t ə tl pɑɚt əv miː ʃɪz ðæt ðeɪ d ]

みたいな最大公約数的なことを考えるくらいまで、俺も成長したのさ。
I guess I’ve grown up and realized
アイ  アイ ロウンヌ  ンド リーアイ
[  ges v groʊn ʌp ənd riːəlaɪzd ]
that I can think about those things and still accept reality.
ずエ アイ ンヌ ンク バウ オウ ンぐ ンド   リーイー
[ ðæt  n θɪŋk əbaʊt ðoʊz θɪŋz ənd sl əksept riːætiː ]

中学を卒業する頃には、
But by the time I got out of junior high,
 バイ ずア タイ アイ  アウ  ウーニヤ~ア ハイ
[ t baɪ ðə taɪm  t t əv dʒuːnjəɚ haɪ ]

俺はもうそんなガキな夢を見ることからも卒業して、
I pretty much outgrew that kind of stuff.
アイ イー  アウルー ずエ カインド  
[  ptiː  tgruː ðæt kaɪnd əv sf ]

この世の普通さにも慣れていた。
And I guess I got used to the idea of living
ンド アイ  アイ  ユースト トウ イー アイイー  ンぐ
[ ənd  ges  t juːst  ðiː diːə əv ŋ ]
in an ordinary world.
ンヌ ンヌ ~アデイリー ウワ~ア
[ ɪn ən ɔɚneriː wəɚld ]

俺は大した感慨もなく高校生になり、
And just like that, I was in high school.
ンド ヂア アイ ずエ アイ ウワ ンヌ ハイ クー
[ ənd dʒʌst laɪk ðæt  z ɪn haɪ skuːl ]

そいつと出会った。
And that’s when I met her.
ンド ずエ ホウンヌ アイ  ハ~ア
[ ənd ðæts hwen  met həɚ ]

東中出身、涼宮ハルヒ。
I’m Haruhi Suzumiya, from East junior high.
アイ   ウロ イー ウーニヤ~ア ハイ
[ m   fm st dʒuːnjəɚ haɪ ]

ただの人間には興味ありません。
First off, I’m not interested in ordinary people.
ふア~ア オー アイ  ンタウレ ンヌ ~アデイリー ピー
[ fəɚst ɔːf m t ɪntəsd ɪn ɔɚneriː piːpl ]

この中に、宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、
But if any of you are aliens, time-travelers or espers,
  ニー  ユー ~ア エインズ タイウレア~ア オ~ア パ~ア
[ t ɪf eniː əv juː ɑɚ ənz taɪm tləɚz əɚ espəɚz ]

あたしのところに来なさい!以上!
please come see me. That is all.
イー  イー ミー ずエ  オー
[ pliːz m siː miː ðæt ɪz ɔːl ]